おおぶ文化交流の杜 図書館 WEBサービス


 ト ッ プ | お知らせ | 新着資料案内 | 貸出ランキング | 予約ランキング | 資料検索 | 利用者ページ | パスワード発行 | 特集コーナー | 電子資料・視聴覚一覧 | 雑誌一覧 |日本語(こども)

おすすめリストメージ
【集計条件】     
 
一般特集 ⁄  児童特集 ⁄  ティーンズ特集 ⁄  電子書籍特集 ⁄  英文多読シリーズ

カテゴリ区分 カテゴリ名 内容
一般特集本と出会う 「図書館」や「書店」を舞台にした本などを集めました
児童特集冬のあそび・スポーツ スキー、スケート、雪あそび・・・。
寒い季節は、冬のあそびやスポーツであったまろう!
冬のアスリートたちの物語を読んで、心から熱くなろう!!
読んでみよう!フランスの絵本 フランス生まれの絵本、フランス語圏の作家が描いた絵本をたくさん集めました。
ティーンズ特集若い人に贈る読書のすすめ2019 毎年、読書推進運動協議会が選書する「若い人に贈る読書のすすめ」の
2019年版ラインナップをご紹介します。
併せて、スタッフからのおすすめ本も展示中です。ぜひご利用ください。
電子書籍特集ビジネス特集 仕事に役立つ電子書籍を集めました
子育て特集 子育てに役立つ電子書籍を集めました
TOEIC対策 TOEIC対策 模擬テストでは自動採点ができるようになっています
”目”で楽しむ電子書籍 電子書籍ならではの機能を体感してください
ペネロペおはなしえほん さあ、本を開いて。ペネロペが待っているよ。
英語でよもう!はじめてのめいさく 日・英音声付き 英文併記
朗読シリーズ 名作の朗読シリーズです
音声コンテンツ 音声のみの朗読になります
英文多読シリーズPeason english leaders 世界中で親しまれている人気GRシリーズです。このシリーズの特徴は発行点数が多いところ!映画のリライトものや、有名人の紹介ものが多いです。Easystartsからレベル6まで7段階にレベル分けされています。
Oxford reading tree イギリスの80%以上の小学校で採用されている「国語」の教材です。ネイティブの子どもたちは使う自然な英語でつづられており、日本では英文多読シリーズとして大変人気があります。
物語はKipper少年とその家族や友達の日常生活を描いていて、Kipperの他にもBiff,Chipnのわんぱく兄弟や愛犬Floppyを始めとする楽しいキャラクターがたくさん登場し、彼らが繰り広げる様々な物語を一緒に体験しながら楽しく英語が身につきます。
Oxford Reading Tree Floppy ORTのキャラクター達と一緒に「英語の文字と音のルール」を学ぶためのシリーズです。単語を見ただけで、正しく英語が読めるようになります。
Oxford Reading Tree Core Stories ORTのキャラクター達と一緒に「英語の文字と音のルール」を学ぶためのシリーズです。単語を見ただけで、正しく英語が読めるようになります。
Oxford Reading Tree Decode and Develop おなじみのビフとチップ、そしてキッパーが登場する全く新しい6つのストーリー。Floppy’s Phonicsでフォニックスを学習したのちに、オックスフォード・リーディング・ツリーへのスムーズな移行をサポートします。
Penguin Kids ディズニーとコラボしたシリーズと、様々な教科を学べるノンフィクションシリーズの二種類があります。ディズニーの絵本はおなじみのストーリーと映画そのままの美しいイラストで子どもに大人気です。
MP3形式の朗読音声がウェブサイトから無料でダウンロードできます。
Oxford bookworms Bookwormsは「本の虫」という意味。世界的に有名なGRのひとつです。映画化された物語や長く愛されている名作がそろっていて、馴染みのある小説を読み進めながら英語力を高められます。
I Can Read 1957年に創刊された長い歴史を持つLRで、ORTやLLLと並び、大人にも子どもにも大変人気のあるシリーズです。Frog and Toad,Little Bear,Biscuit,Amelia Bedeliaなどほのぼのとしてやさしい味わい深い名作がいっぱい。個性あふれるイラストも魅力です。お気に入りの物語を見つけて楽しみながら英語を身につけましょう!
Magic Tree House 本の虫でまじめで賢い慎重派の兄ジャックと、冒険好きで興奮ぎみで空想好きな行動派の妹アニー。ふたりは偶然発見したツリーハウスのタイムマシンにのってあらゆる時代にタイムスリップし、スリルいっぱいの冒険を繰り広げます。世界中で大人気のシリーズ!
 ※一部、日本語訳本が児童室にあります。
Rainbow Magic レイチェルとカースティは夏休みに訪れたレインスペル島で小さな妖精ルビーと出会います。
ルビーは恐ろしいジャック・フロストに呪いをかけられて人間の世界に追放された虹の妖精たちのひとりでした・・・。
 ※一部日本語訳本が児童室にあります。
B Magical  
Macmillan Readers Macmillan Readersは、ここ最近非常に人気の高まってきているGRです。特徴は完全オリジナルの作品が充実していて、それが面白いということ。映画原作や古典ものもあえて現代風に書き直したりと凝っており、読み応え十分です。StarterからUpper-Intermediateまでの7段階にレベル分けされています。
Cambridge English Readers ケンブリッジ大学出版局のCambridge English Readersは、大人の読者に人気のあるGRです。特徴は何といってもすべてがオリジナル作品であるということ。他のシリーズが古典や映画原作のリライトに力を入れているのに比べ、独自の路線といえます。書き下ろしのため冊数は少ないですが、現代的なテーマを取り入れた作品も多く、興味深く読むことができます。StarterからLevel6までの7段階にレベルわけされています。
Longman Literacy Land Story Street ORTと同様多くのイギリスの小学校で使用されている国語の副読本です。子どもの日常生活をテーマとしていて、兄弟との関係や学校生活、空想の世界、いじめ、恋愛、両親の離婚といった、誰にも起こりうる出来事に向き合い、葛藤しながらも仲間とともに乗り越え、成長していく仲良し4人組の姿が描かれています。全12レベル、Step1からStep9までは付属CDがあります。
My Sister The Vampire オリヴィアは13歳のチアリーダー。転校先の学校で、ゴシックファッションに身を包んだ自分とそっくりな少女に出会います。ふたりは双子だと知ることになるオリヴィアですが、彼女には人に言えない秘密があって・・・・チアリーダーとゴス少女の繰り広げるキュートな吸血ワールド!
Mr.Putter&Tabby ひとり暮らしのパターおじいさんはネコを飼うことにしました、老猫のタビーとの出会いから始まるほのぼのとした毎日を、ニューデリー賞受賞作家シンシア・ライラントがあたたかな目線で描いています。猫好きな方にもおすすめ!
Henry and Mudge ひとりっこで近所に遊び友達もいないヘンリーにとって、大型犬のマッジは頼りになる相棒。ふたりがどんな風に出会い、お互いにとって大切な存在になっていったか、何気ない日々の出来事が愛情たっぷりに描かれたすてきな絵本です。シンシア・ライラント著。
Step in to reading ランダムハウス社出版のちいさなお子さんの読み聞かせにも使えるやさしいリーディングです。ピクサーやディズニーをはじめ、きかんしゃトーマス、セサミストリートなど、子どもの大好きなキャラクターがいっぱい!レオ・レオニ、リチャード・スキャーリー、レイモンド・ブリッグズの名作絵本や歴史・動物などのノンフィクションも人気です。YLは0.2~3.0 Step1から5まで、5つのレベルに分けられています。
Nate the Great 「めいたんていネート君」は自ら名探偵を自負する、パンケーキが大好きな男の子。愛犬のスラッジと共に、友達から持ち込まれる様々な身近な謎を解いていきます。ハードボイルドな名探偵気取りが可愛いのですが、本人はいたって真剣!※日本語訳本が児童室にあります。
Diary of a Wimpy Kid 邦題『グレッグのダメ日記』。ダメ中学生グレッグ・ヘフリーとその同級生や親たちの生態を日記という形式で面白おかしく描いています。お金持ちになりたい!人気者になりたい!モテたい!グレッグのダメダメな毎日に、読めば元気になること間違いなし!?
Marvin Redpost マーヴィンは小学3年生の男の子。周りで巻き起こる事件は子どもの世界ではよくある、ありふれた出来事なだけにとってもリアル。著者は『Holes』で有名なルイス・サッカーで子どもの心理をユーモアたっぷりに描いた表現はさすがです。大人が読んでも楽しい!
※一部、日本語訳本が児童室にあります。
Big Fat Cat 英語が苦手な日本人のために生まれた『世界一簡単な英語の本』アメリカ在住20年の日本人が書いた英語の本で、“読むこと”に着目した、まさに英文多読の原典ともいえるシリーズです。解説が付いていて、初心者の方におすすめ!
※『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』は17番の棚にあります。
AtoZMysteries 主人公のディンク(Dink)はミステリーが大好き、仲良しの友達のジョシュ(Josh)とルース(Ruth Rose)と共に事件に立ち向かいます。
題名のとおりAからZまで26冊のタイトルがあります。子ども向けの推理小説といば、このAtoZシリーズ!易しい英語で読むことができます。
著書のRonRoyは元小学校の先生、たくさんの子ども達と関わった経験を活かしたからこそ、キャラクター達がいきいきとして描かれています。
ミステリー好きには必見のシリーズです。
Foundation Reading Library 初めて英語で本を読む学生に、最適なシリーズ!
扱うテーマも部活動や恋人、ふざけて嘘をついてしまって・・・などアメリカのteenagersの話題を取り上げています。
 一度学習した文法や語彙は同シリーズに繰り返し出てくるので、学習の定着を図ることができます。中高生~大人に人気があり、初めて英語の本を読む学生でも親しめる工夫がなされています。
 色んなキャラクターが出てくるので、自分のお気に入りのキャラクターを見つけてみましょう。
The Zack Files 主人公Zack(ザック)の周りではありとあらゆる超常現象が起こります。生まれ変わりや、透明人間、未来少年などなど。
 小学生低学年向けに書かれているため、YL1からステップアップしたいかたは、無理なく読めることができます。
 多読愛好者の中でもひそかに人気のこのシリーズ、英語で書かれた本の楽しさを実感できます。
 ときどき難しい単語が出ますが、意味を想像しながら読むのも楽しみの一つかもしれません。

ページトップへ


Copyright (c) 2014. allobu Library, All Rights Reserved.