おおぶ文化交流の杜 図書館 WEBサービス


 ト ッ プ | お知らせ | 新着資料案内 | 貸出ランキング | 予約ランキング | 資料検索 | 利用者ページ | パスワード発行 | 特集コーナー | 電子資料・視聴覚一覧 | 雑誌一覧 |日本語(こども)

おすすめリストに戻る

文豪たちの魅力を探ろう

ティーンの皆さんも教科書等で1度は見たことのある人物・作品や
彼らの魅力を知る上で欠かせない【裏の顔】を探ることができる本を集めました。
今まで読んだことのない方は、これを機にもう一度読み返してみませんか?

【特集開催期間:3月19日~5月31日】

資料の並び順
資料コメント
文豪聖地さんぽ
一迅社,2016.7 
太宰治、芥川龍之介、谷崎潤一郎、森鷗外…。明治~昭和期に活躍した文豪の聖地を、代表作&生涯とともに詳細にガイド。文豪が愛した味・宿、文豪ファン必見のアニメ&マンガ&ゲームなども紹介する。
「文豪」がよくわかる本
福田和也/監修,宝島社,2016.4 
「イギリスで狂った!」と噂された夏目漱石。クリスチャンなのに妻妾同居していた国木田独歩…。坪内逍遙から三島由紀夫まで、50人の文豪たちの偉大な業績の裏に隠された素顔を、代表作のあらすじや解説とともに紹介する。
文豪と暮らし
開発社/編,創藝社,2017.6 
夏目漱石のビスケット、太宰治の黒マントなど、文豪たちが愛してやまなかったものたちに目を向けると、彼らの素顔やライフスタイルが見えてくる-。近代に活躍した47名の文豪の愛した物・食・場所を写真とともに紹介する。
世界の文豪の家
阿部公彦/[ほか]監修,エクスナレッジ,2016.8 
あの名作はどのようにして生まれたのか? エドガー・アラン・ポー、ウィリアム・シェイクスピア、ヴィクトル・ユゴーなど、世界の文豪たちの家を訪ね、創作活動とその現場を、写真や年譜とともに紹介する。
文豪の素顔
高橋敏夫/監修,エクスナレッジ,2015.7 
明治期から戦後までの文豪31名を取り上げ、多様な肖像をとおして彼らの素顔にアプローチする試み。あまり見たことのない写真を掲載するほか、友人・ライバル・愛憎関係などの人間模様を相関図で分かりやすく解説する。
図説 ヘミングウェイの世界
アントニイ・バージェス/著,学研,1979.1 
現代英文学界の奇才アントニイ・バージェスが、その鋭い批評眼で“神話”のフィクションと真実を峻別し、日常の赤裸々な生きざまのなかに人間ヘミングウェイの本質を追究した異色の評伝。
文豪図鑑完全版
開発社/編,自由国民社,2017.3 
坪内逍遙、芥川龍之介、井伏鱒二…。日本の歴史に残る50人の文豪をとりあげ、生い立ちや趣味嗜好、読むべき代表作、人間関係などを紹介。偉大な業績の影に隠された文豪たちの赤裸々な素顔を明らかにする。
13歳からの夏目漱石
小森陽一/著,かもがわ出版,2017.3 
戦争の時代からの問い、恋愛問題の当時と今…。夏目漱石の世界を再発見! 夏目漱石の文学的生涯を解説し、その時代と作品について考察する。2016年8月開催の「中高生のための漱石講座」の内容をもとに書籍化。
もっと太宰治
太宰治倶楽部/編,ロングセラーズ,2015.8 
昭和最強のベストセラー作家、太宰治。家族や友人、知人との人間関係、酒とクスリの日々、ふるさとへの郷愁、恋愛と結婚、芸術観…。太宰治の人間像や作品の評価について、多数のエピソードを紹介する。
若いうちに読みたい太宰治
齋藤孝/著,筑摩書房,2009.5 
人の心の痛みに感応し、丁寧に掘り下げていくことで、自意識との葛藤や社会との距離感を豊かに表現した太宰治。人生の壁に打ち当たった時に読みたい18作品の魅力を、縦横無尽に語りつくす。
夏目漱石、読んじゃえば?
奥泉光/著,河出書房新社,2015.4 
「坊っちゃん」は中二病の物語? 「こころ」って傑作じゃない? 「それから」に潜むミステリーとは? 奥泉光が漱石の全く新しい読み方を伝授する。香日ゆらによる漱石案内漫画付き。
文豪妖怪名作選
東雅夫/編,東京創元社,2017.8 
文豪たちの綴る様々な妖怪物語を集めたアンソロジー。尾崎紅葉「鬼桃太郎」、泉鏡花「天守物語」、宮澤賢治「ざしき童子のはなし」、芥川龍之介「貉」、室生犀星「天狗」など全19篇を収録する。
山月記
中島敦/作,理論社,2014.8 
註釈なしでもすらすら読めて面白い! 「山月記」をはじめとする、中島敦の中国を舞台とした全3作品を、読みやすい現代語に訳して収録する。中島文学を読み解くための詳しい解説も掲載。
山椒魚 しびれ池のカモ
井伏鱒二/作,岩波書店,2000.11 
岩穴に閉じこめられた山椒魚の心の動きを描く「山椒魚」、剝製作りの名人と弟子の少年がまきこまれる騒動「しびれ池のカモ」のほか、「おコマさん」「屋根の上のサワン」を収録する。
走れメロス
太宰治/作,偕成社,2002.5 
友情と信頼の美しさをうたいあげた表題作のほか、「富岳百景」「女生徒」など名作6編を収録。筑摩書房刊「太宰治全集」を底本に、難しい言葉にはルビをつけ、新仮名遣いに改めて読みやすくした代表作品集。
どんぐりと山猫・雪渡りほか
宮沢賢治/著,教育出版,2003.9 
おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました…。世界を光らせる魔法の童話「どんぐりと山猫」ほか6編を収録。大きな文字、やさしい表記、親切な脚注で名作が読みやすいシリーズ。
舞姫
川端康成/著,新潮社,2011.12 
舞台の夢をあきらめた波子と、未来のマドンナ品子の母子。エゴイストの夫・矢木と両親に否定的な息子・高男。嫌悪で結びつく家族の姿の中に、敗戦後、徐々に崩壊過程をたどる日本の家と、無気力な現代人の悲劇を描きだす。
坊っちゃん
夏目漱石/著,新潮社,2003.4 
松山中学在任当時の体験を背景とした初期の代表作。物理学校を卒業後ただちに四国の中学に数学教師として赴任した直情径行の青年“坊っちゃん”が、周囲の愚劣、無気力などに反撥し、職をなげうって東京に帰る。
こころ
夏目漱石/著,新潮社,2004.3 
鎌倉の海岸で、学生だった私は一人の男性と出会った。不思議な魅力を持つその人は、“先生”と呼んで慕う私になかなか心を開いてくれず、謎のような言葉で惑わせる。やがてある日、私のもとに分厚い手紙が届いたとき、先生はもはやこの世の人ではなかった。遺された手紙から明らかになる先生の人生の悲劇――それは親友とともに一人の女性に恋をしたときから始まったのだった。
汚れっちまった悲しみに……
中原中也/[原作],新日本教育図書,1998.8 
今でも多くの人に愛される中原中也の詩。美しくも哀しいその調べは、人の心にいつまでも残る。中也の代表作18を厳選し、美しい影絵とともに中也の世界を味わえる。読みやすいふりがな付き。
羅生門
芥川龍之介/作,理論社,2014.7 
註釈なしでもすらすら読めて面白い! 「羅生門」をはじめとする、芥川龍之介の王朝もの全5作品を、読みやすい現代語に訳して収録する。芥川文学を読み解くための詳しい解説も掲載。
蜘蛛の糸
芥川龍之介/著,ポプラ社,2005.10 
地獄にいた大泥坊のカンダタは、ある時天上からたれてきた一筋の細い蜘蛛の糸に気づく。生前の善行を思ってお釈迦様が彼を救うためにたらしたのだった。彼は登り始めるが…。表題作ほか8編を収録。
文豪ノ怪談ジュニア・セレクション 呪
小泉八雲/ほか[著],汐文社,2017.3 
10代を対象にした文豪怪談アンソロジー。「呪」をテーマに、岡本綺堂「笛塚」、田中貢太郎「這って来る紐」などを収録する。総ての漢字にルビを付し、難解な言葉や言いまわしには詳しい注釈と鑑賞の手引きを施す。
文豪ノ怪談ジュニア・セレクション 恋
川端康成/ほか[著],汐文社,2017.2 
10代を対象にした文豪怪談アンソロジー。「恋」をテーマに、川端康成「片腕」、江戸川乱歩「押絵と旅する男」などを収録する。総ての漢字にルビを付し、難解な言葉や言いまわしには詳しい注釈と鑑賞の手引きを施す。
文豪ノ怪談ジュニア・セレクション 獣
太宰治/ほか[著],汐文社,2016.12 
10代を対象にした文豪怪談アンソロジー。「獣」をテーマに、中島敦「山月記」、坂口安吾「閑山」などを収録する。総ての漢字にルビを付し、難解な言葉や言いまわしには詳しい注釈と鑑賞の手引きを施す。
文豪ノ怪談ジュニア・セレクション 夢
夏目漱石/ほか[著],汐文社,2016.11 
10代を対象にした文豪怪談アンソロジー。「夢」をテーマに、夏目漱石「夢十夜」、芥川龍之介「沼」などを収録する。総ての漢字にルビを付し、難解な言葉や言いまわしには詳しい注釈と鑑賞の手引きを施す。
銀河鉄道の夜
宮沢賢治/原作,学研教育出版,2015.8 
「みんなのしあわせのためなら、ぼくのからだなんか何べん焼いてもかまわない」 銀河を旅する少年たち2人を乗せた列車の終着点は…。宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」のコミック版。
日本語を味わう名詩入門 1
あすなろ書房,2011.4 
すぐれた詩人の名詩を味わい、理解を深める詩集。1は、宮沢賢治の詩を収録。初期の作品「屈折率」から晩年の「雨ニモマケズ」にいたるまで、年代を追って変化していく宮沢賢治の詩風をわかりやすく解説する。
若きウェルテルの悩み
ゲーテ/[著],新潮社,2010.5 
ゲーテ自身の絶望的な恋の体験を作品化した書簡体小説で、ウェルテルの名が、恋する純情多感な青年の代名詞となっている古典的名作である。許婚者のいる美貌の女性ロッテを恋したウェルテルは、遂げられぬ恋であることを知って苦悩の果てに自殺する……。多くの人々が通過する青春の危機を心理的に深く追究し、人間の生き方そのものを描いた点で時代の制約をこえる普遍性をもつ。
赤毛のアン
L.M.モンゴメリ/作,講談社,2014.5 
村岡花子の生き生きとした日本語訳に、総ルビ、美しい挿絵を付した、子どもから大人まで読みやすい「赤毛のアン」の愛蔵版。作者モンゴメリ生誕140周年を記念した書。
イワンの馬鹿
レフ・トルストイ/著,あすなろ書房,2006.5 
イワンは争うことをせず、お金に執着せず、ただただ愚直に、額に汗して働きます。そしてそのことが、結局、自分をもまわりをも幸せにすることができるのです。いま、トルストイがおもしろい。
誰がために鐘は鳴る 上巻
ヘミングウェイ/[著],新潮社,1979 
1930年代後半、スペイン内戦。共和国側の義勇兵であるアメリカ人ジョーダンは、山峡の橋の爆破を命ぜられる。協力するゲリラ隊には、腹の読めないパブロ、女傑ピラール、そして敵側に両親を殺された娘、マリアらがいた。無垢なマリアと恋に落ちたジョーダンだが、死を賭した作戦決行が数日後に迫っていた。
誰がために鐘は鳴る 下巻
ヘミングウェイ/[著],新潮社,1978 
マリアとの愛とゲリラ隊の面々への理解を深めていくジョーダンは、華やかで享楽的なマドリードにマリアを伴う未来を夢想する。だが、仲間のゲリラ隊がファシスト側との凄絶な闘いを経て全滅し、戦況は悪化。ジョーダンは果たして橋梁爆破の任務を遂行することができるのか――。
武器よさらば
アーネスト・ヘミングウェイ/[著],新潮社,1981 
第一次世界大戦中のイタリア戦線。病院車のアメリカ人運転手とイギリス人看護婦の仲を嫉妬した上官によって、看護婦は転勤。負傷した運転手は彼女の病院に収容され、愛は深まるばかりだが…。
教養としてのゲーテ入門
仲正昌樹/著,新潮社,2017.1 
「ウェルテル」は単なる<妄想青年>に過ぎないのか。「親和力」はなぜ<私の一番の本>と評価されているのか。「近代の悪魔」の正体を誰よりも早く、的確に描いたゲーテ作品の<教養のツボ>が分かる主要著作ガイド。
変身
フランツ・カフカ/作,長崎出版,2012.1 
平凡なセールスマンのグレゴールは、ある朝目覚めると虫に変身していた。クビになることを恐れたグレゴールは支配人と家族の前に現れる。支配人は逃げ出し、家族はグレゴールに襲いかかってきて…。
三十一文字で詠むゲーテ
平野卿子/著,飛鳥新社,2013.4 
「生きる意味 どこにあるのか問う君へ 生きろひたすら生きぬいてゆけ」 人気翻訳家が知恵の宝庫ゲーテの言葉を短歌に詠み、女目線の解説で新たな「ゲーテ像」に迫る。
フランツ・カフカ探索
近藤肇/著,三恵社,2016.9 
難解なカフカの作品を理解するためには、彼が生まれ育った生地、そして家族、友人、恋人等の様々な交信記録(日記、手紙、記事等)を読み解くことが重要。カフカに関する資料をテーマごとに編集し、逐次解説を施す。
カフカ
D・Z・マイロウィッツ/著,心交社,1994.6 
現代文学の最も謎に閉ざされた作家、カフカのエッセンスを描く。家族や周囲そしておのれの肉体から疎外されたカフカは、特異な文学的言語を創り、その中に隠れてゴキブリや猿、犬、もぐらに変身する。
絶望名人カフカの人生論
フランツ・カフカ/著,飛鳥新社,2011.11 
「いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです」 誰よりも落ち込み、誰よりも弱音をはき、誰よりも前に進もうとしなかった、ネガティブを代表する作家カフカの絶望の名言集。
ドストエフスキー
河出書房新社,2016.1 
「新カラマーゾフの兄弟」の刊行を機に不滅の文学者の新しい魅力を多面的に探った一冊。「新カラマーゾフの兄弟」の著者・亀山郁夫のインタビュー、亀山郁夫×中村文則の対談、三田誠広のエッセイ、主要作品解説等を収録。
ドストエフスキー罪と罰
青木雄二/著,講談社,2000.4 
業とゼニ地獄で苦しむ現代人を「罪と罰」は予言していた! 破天荒なナニワ的解釈で、世界最高の文学「罪と罰」から社会の本質と人間の業を見抜く眼力を養う。
『罪と罰』を読まない
岸本佐知子/著,文藝春秋,2015.12 
ドストエフスキーの「罪と罰」を読んだことがない4人が、果敢かつ無謀に挑んだ“読まない”読書会。僅かな手がかりから内容を推理、その後みっちり読んでから朗らかに語り合う。
『罪と罰』をどう読むか
川崎浹/著,水声社,2016.11 
黄昏のペテルブルグを彷徨するラスコーリニコフは誰を殺したのか? 「罪と罰」を冒頭からエピローグまで丁寧に読み解き、多様な観点から論じた鼎談の記録。「主要登場人物」や「邦訳一覧」も収録。
図説シャーロック・ホームズ
小林司/著,河出書房新社,2012.2 
写真とデータが満載のホームズ入門書。名探偵の人と生涯、物語の時代背景をたどるほか、日本を代表するシャーロッキアンの秘蔵コレクションを多数掲載。ホームズ肖像画ギャラリー、ホームズ事件簿一覧、関連年表なども収録。
J.R.R.トールキン-世紀の作家
トム・シッピー/著,評論社,2015.1 
「ホビットの冒険」「指輪物語」で知られるトールキン。トールキン研究の第一人者による詳細な作品論。ファンタジーの最高峰を巡る旅のガイドブックともいえる書。
H・P・ラヴクラフト
ミシェル・ウエルベック/著,国書刊行会,2017.11 
「クトゥルフ神話」の創造者としてカルト的人気を誇るホラー作家、H・P・ラヴクラフトの生涯と作品を、熱烈な偏愛を込めて語り尽くす! <世界一センセーショナルな作家>ミシェル・ウエルベックのデビュー作。
夢魔の書
H・P・ラヴクラフト/著,学研,1995.12 
20世紀最大の怪奇作家ラヴクラフト。彼が遺した「夢書簡」全編に、夢に霊感を得て書かれた小説11編を併録。クトゥルー神話誕生の秘密にせまる、集大成ともいえる作品集。
リトル・リトル・クトゥルー
東雅夫/編,学研,2009.1 
とてつもない奇想、身も凍る戦慄、ドス黒い哄笑…。プロとアマが一堂に会して執筆した超宇宙的恐怖小説体系「クトゥルー神話」の掌編、計111編を収録。
ファウスト
ゲーテ/原作,西村書店,2016.11 
ドイツの文豪ゲーテによる壮大な戯曲「ファウスト」。ファウスト博士、悪魔メフィスト、美しい娘グレートヒェンをめぐる一連の騒動をえがいた第一部を、分かりやすい散文で再話。アートな絵本シリーズ第10弾。
蟹工船
小林多喜二/作,理論社,2014.10 
オホーツク海で蟹をとり、缶詰をつくる蟹工船。そこで働く者たちは、情け知らずな監督のもとで、死者がでるほど過酷な労働を強いられた…。小林多喜二の「蟹工船」を、読みやすい現代語に訳して収録する。詳しい解説も掲載。
文豪図鑑
開発社/編,自由国民社,2016.11 
ナイフで脅してプロポーズした国木田独歩、麻雀ラブで世話好き兄貴肌の菊池寛…。明治、大正、昭和の有名文豪に加え、紫式部ら歴史に残る文豪や海外の有名文豪たちを取りあげ、人間味溢れる素顔や代表作のあらすじを紹介する。
夢Q夢魔物語
夢野久作/著,平凡社,2017.7 
不安や恐怖を伴いつつも、夢を見ている自分を見る夢のような、そんな感覚-。異形の文豪・夢野久作の掌篇小説や童話、エッセイなどを、「魔」「魅」「夢」「冥」「妄」の章立てで収録する。文豪小品シリーズ第6弾。
文豪ナンバーワン決定戦
福田和也/監修,宝島社,2018.3 
教科書に載る正統派から、危険視された異端まで、現在でも読み継がれている文豪50人を、「面白さ」「美文」「思想性」などの5項目に添って採点し、ランキング形式で紹介。現代世界の文豪10人なども掲載する。
おすすめリストに戻る

Copyright (c) 2014. allobu Library, All Rights Reserved.