おおぶ文化交流の杜 図書館 WEBサービス


 ト ッ プ | お知らせ | 新着資料案内 | 貸出ランキング | 予約ランキング | 資料検索 | 利用者ページ | パスワード発行 | 特集コーナー | 電子資料・視聴覚一覧 | 雑誌一覧 |日本語(こども)

おすすめリストに戻る

課題図書を楽しもう!2018

・今年度の課題図書
・過去の課題図書
・感想文の書き方やブックガイド(おすすめ本を紹介している本)
を集めました!

開催期間:6/1(金)~8/31(金)

【お願い】
例年、夏季の課題図書は貸出・予約が集中します。
それに伴い、貸出はお一人様1冊、貸出期間1週間、予約1冊となります。
ご理解、ご協力お願い致します。

資料の並び順
資料コメント
走れ!やすほ にっぽん縦断地雷教室
上泰歩/文,国土社,2005.12 
赤いマウンテンバイクに寝袋と地雷をつみ、やすほは走る。マスコミの取材をうけたり、地震やケガにくじけそうになっても、やすほは走る! 北海道から沖縄まで、地雷のこわさを伝える3500kmの1人旅のドキュメンタリー。 (2006年度中学校の部)
魔の海に炎たつ
岡崎ひでたか/作,くもん出版,2004.10 
「鬼が瀬」は豊かな海だが、魔修羅那が住むと言われる。波を荒立て多くの命をのみこんできた海だ。明治初期、房総南端の村で、漁船改良の夢を一途に貫く、船大工満吉の壮大な物語。
(2005年度中学校の部)
秘密の道をぬけて
ロニー・ショッター/著,あすなろ書房,2004.11 
自由の国へとつづく「地下鉄道」。10万人もの逃亡奴隷を助けたといわれるこの秘密組織には「駅長」と「車掌」、そして、小さな「駅員」がいた…。逃亡奴隷を助けた一家の物語。
(2005年度中学校の部)
ぼくたちの砦
エリザベス・レアード/作,評論社,2006.10 
イスラエル占領下のパレスチナ。12歳の少年カリームの夢は、サッカーの世界チャンピオンになること。外出禁止令が解除されると、瓦礫を片づけて、サッカーの練習だ! 過酷な環境の中で誇りと希望を失わない少年たちの物語。(2007年度高等学校の部)
天国の五人
ミッチ・アルボム/著,日本放送出版協会,2004.11 
83歳のエディは一瞬の事故であっけなく死んだ。彼の人生はなんの意味もなかったのか…。しかし、その死は本当のおわりではなかった。彼を天国で待っていた5人の人物とは? エディが最後にたどりついたものは?
(2005年度高等学校の部)
スピリットベアにふれた島
ベン・マイケルセン/作,鈴木出版,2010.9 
15歳の少年コールが引きおこした傷害事件。コールと被害者のピーター、それぞれの両親、そして同じ地域にくらす人たちが集まり、加害者・被害者双方の救済をめざす「サークル・ジャスティス」が開かれた…。
(2011年度中学校の部)
レネット
名木田恵子/作,金の星社,2006.12 
チェルノブイリ原発事故の前日に生まれた徳光海歌。12歳で死んだ兄、息子の死を背負って生きる父、父を責める母。その徳光家に原発被災者の少年がやってくる-。一家に起きるさざ波を、北海道の情景を織りまぜて描く。(2007年度中学校の部)
ストロベリーライフ
荻原浩/著,毎日新聞出版,2016.10 
農家なんてかっこ悪い。と思っていたはずだった-。イチゴ農家を継げと迫る母親。猛反対の妻。志半ばのデザイナーの仕事はどうする? 恵介36歳、いま、人生の岐路に立つ! 『毎日新聞』日曜くらぶ連載を単行本化。
(2017年度高等学校の部)
犬が来る病院
大塚敦子/著,KADOKAWA,2016.11 
日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた医療機関、聖路加国際病院。写真絵本「わたしの病院、犬がくるの」から7年、医師や看護師など多くのスタッフによる取り組みを、4人の子どもたちの生死を通して描く。 (2017年度高等学校の部)
伝える技法
高田昌幸/著,旬報社,2015.3 
読みたくなる文章を書くには? 見違える文になる、ちょっとした技とは? 新聞記者として取材班を率いて新聞協会賞、菊池寛賞などを受賞した著者が「文章の書き方」を伝授する。
ペンギンが教えてくれた物理のはなし
渡辺佑基/著,河出書房新社,2014.4 
ペンギン、アザラシ、アホウドリなど、観察が難しい野生動物の体に記録機器を取り付ける研究手法「バイオロギング」。その最新成果を紹介し、背景にある物理法則から進化的な意義を明らかにする。 (2015年度高等学校の部)
わたしはマララ
マララ・ユスフザイ/著,学研パブリッシング,2013.12 
女性が教育を受ける権利を訴えて、イスラム武装勢力に銃撃された16歳の少女マララの手記。幼少期から、タリバンの台頭による混乱、銃撃事件とその後までを綴る。国連本部でのスピーチも収録。
シンドラーに救われた少年
レオン・レイソン/著,河出書房新社,2015.7 
ユダヤ人大虐殺の過酷な体験を生き延びた少年と家族。「最悪の状況で最善のことをした」ごく普通の人間=シンドラーの本当の勇気とは、何だったか? 「シンドラーのリスト」に載った最年少のユダヤ人による証言録。
(2016年度高等学校の部)
きみに贈る本
中村文則/著,中央公論新社,2016.5 
私たちは何を読みどんな影響を受けてきたか。最強の「中二病」小説から、老舗の国語辞典まで、6人の作家が自身をふり返ってつづる、ユニークな読書案内。『中日新聞』『東京新聞』連載を単行本化。
読み上手書き上手
齋藤孝/著,筑摩書房,2008.2 
入試や就職はもちろん、人生の様々な局面で要求される読み書きの能力。本の読み方、問いの立て方、国語の入試問題などを例にして、その能力を鍛えるコツを伝授する。
伝わる文章の書き方教室
飯間浩明/著,筑摩書房,2011.1 
ことばの選び方や表現方法、論理構成をちょっと工夫するだけで、文章はぐっとよくなる。ゲーム感覚の書き換えトレーニングを通じ、相手に「伝わる」文章のコツを伝授する。
「私」を伝える文章作法
森下育彦/著,筑摩書房,2015.3 
答えは自分の中にしかない。記憶の引き出しから「私」を形作っているものを見つけ出そう-。ちょっとした工夫と準備で誰でも身に付く、自分らしく、自分の言葉で「書く」方法を伝授する。
生き延びるための作文教室
石原千秋/著,河出書房新社,2015.7 
作文とは、上手にウソをつくことである! 学校空間を覆っている見えないガラスの壁がどういうものかを明らかにして、個性的に「見える」作文の書き方を伝授する。
宇宙へ「出張」してきます
古川聡/著,毎日新聞社,2012.6 
医師から宇宙飛行士に転職し、初飛行で日本人最長の連続滞在日数167日間を記録。100を超える科学実験やミッション、プログレス事故、スペースデブリ衝突の危機を乗り越え帰還した著者の、宇宙での日々を紹介する。
(2013年度高等学校の部)
今すぐ読みたい!10代のためのYAブックガイド150! 2
金原瑞人/監修,ポプラ社,2017.11 
作家、書評家、書店員、図書館司書…。27人の「本のプロ」が選びぬいた、旬のYA本を紹介するブックガイド。小説、コミック、ノンフィクションなど、さまざまなジャンルを取り上げ、2017年刊行の最新の本も掲載する。
今すぐ読みたい!10代のためのYAブックガイド150! [1]
金原瑞人/監修,ポプラ社,2015.11 
作家、書評家、書店員、図書館司書…。27人の「本のプロ」が選びぬいた、旬のYA本を紹介するブックガイド。小説、コミック、ノンフィクションなど、さまざまなジャンルを取り上げ、2015年刊行の最新の本も掲載する。
10代をよりよく生きる読書案内
こやま峰子/編著,東京書籍,2008.8 
「平家物語」から、最近の芥川賞・直木賞受賞作品まで、読書のプロが選び抜いた、10代の若者たちの想像の世界を広げる102作品を紹介。読書の果てしない宇宙を味わうガイドブック。
10代をよりよく生きる読書案内 海外編
こやま峰子/編著,東京書籍,2010.3 
シェイクスピアやグリム童話などの古典的名作から最新の話題作まで、読書のプロが選び抜いた、10代の若者たちの想像の世界を広げる海外作品80冊を紹介。読書の果てしない宇宙を味わうガイドブック。
勝てる読書
豊崎由美/著,河出書房新社,2009.1 
広い書物の宇宙で、自分だけの星座早見盤を作ってみよう。ユニークなテーマ別に今読むべき本を紹介する、若者向けのピリ辛ブックガイド。人名・書名INDEX付き。『文藝』連載に加筆し単行本化。
ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。
雨宮処凛/著,河出書房新社,2012.5 
「定番」だけじゃつまらない。親や先生が薦める「推薦図書」以外にも、人生を揺さぶる本はある-。角田光代、森達也、金原瑞人、工藤直子ら30人が、若い人に薦めたい“自分だけの名作”を熱く語る読書案内。
考える読書 第58回中学・高校・勤労青少年の部
全国学校図書館協議会/編,毎日新聞社,2013.4 
第58回青少年読書感想文全国コンクール応募作品の中から、中学・高校・勤労青少年の部の入選作品を紹介。内閣総理大臣賞受賞の「歴史を「たどる」ということ」など、「考える読書」の意義と豊かさを伝えてくれる作品が満載。
考える読書 第54回中学・高校・勤労青少年の部
全国学校図書館協議会/編,毎日新聞社,2009.4 
第54回青少年読書感想文全国コンクール応募作品の中から中学・高校・勤労青少年の部の入選作品を紹介。高等学校の部・内閣総理大臣賞受賞の「生命の価値」等、「考える読書」の意義と豊かさを伝えてくれる作品が満載。
THE BOOKS green
ミシマ社/編,ミシマ社,2015.4 
一人でも多くの中高生に、人生を変える「一冊」との出会いを届けたい。全国365書店の書店員が心から推す「この一冊+その次に読むことをオススメする一冊」を、直筆のキャッチコピーとともに紹介する。各書店の情報も掲載。
生命とは何だろう?
長沼毅/著,集英社インターナショナル,2013.1 
最初の生命はどこで生まれたのか、進化とはどのような理論なのか、生命を人工的に創りだすことは可能なのか、そもそも生命の本質とは何なのか…。極限環境の生物を研究する著者が、生命に関する様々な謎を解説する。 (2014年度高等学校の部)
ジョン万次郎
マーギー・プロイス/著,集英社,2012.6 
アメリカ東部に暮らした初めての日本人、ジョン万次郎が、いじめや差別にくじけることなく、強く生き抜いた秘訣とは? 現地に残された記録や資料をもとに、ジョン万次郎の青春時代を鮮やかに描いた物語。
(2013年度高等学校の部)
希望の海へ
マイケル・モーパーゴ/作,評論社,2014.7 
10歳にも満たない戦災孤児アーサーは、汽船に乗せられ、たったひとりでオーストラリアに送られた。そこで、待ち受けていたのは…。父娘2代にわたる感動の物語。(2015年度高等学校の部)
ハーレムの闘う本屋
ヴォーンダ・ミショー・ネルソン/著,あすなろ書房,2015.2 
1939年、ニューヨーク7番街に風変わりな書店が誕生した。黒人が書いた、黒人についての本だけを売る店。権力や差別、偏見に屈せず、全米ナンバーワンの黒人専門書店をつくりあげたルイス・ミショーの生涯を紹介する。(2016年度高等学校の部)
路上のストライカー
マイケル・ウィリアムズ/作,岩波書店,2013.12 
虐殺を生きのびたデオは、南アフリカを目指す。ところが苦難の果てに待っていたのは、外国人である自分たちに向けられる憎しみとおそれだった。過酷な運命に翻弄されながらも、デオはサッカーで人生を切り開いていく…。(2014年度高等学校の部)
ダーウィンと出会った夏
ジャクリーン・ケリー/作,ほるぷ出版,2011.7 
1899年、新世紀を目前にしたテキサスの田舎町。11歳のキャルパーニアは、変わり者のおじいちゃんの「共同研究者」となり、実験や観察を重ねるうち、次第に科学の面白さにひかれていきますが…。
(2012年度高等学校の部)
フラダン
古内一絵/作,小峰書店,2016.9 
女子率100%のフラダンス愛好会“アーヌエヌエ・オハナ”に集められた4人の男子高校生。その目的は男女混合によるフラガールズ甲子園出場だった! 震災から5年後の福島を舞台に描くとびきりの笑顔と涙の青春ストーリー。
(2017年度高等学校の部)
パスタでたどるイタリア史
池上俊一/著,岩波書店,2011.11 
麵にもソースにもイタリアの歴史と人々の夢がぎっしり! 日本でも身近になったイタリアの国民食パスタがその故郷でどのように生まれ、育っていったのかを、2000年以上におよぶ歴史をたどりながら紹介する。
(2012年度高等学校の部)
ハサウェイ・ジョウンズの恋
カティア・ベーレンス/[著],白水社,2009.2 
時代はゴールドラッシュ、アメリカ西部の荒々しい自然を背景に、愛と憎しみ、希望と絶望、怒りと悲しみを描く。素朴なハサウェイ少年の初恋の行方は…。史実を基にした物語。
(2010年度高等学校の部)
オン・ザ・ライン
朽木祥/著,小学館,2011.7 
体育会系だが活字中毒の少年・侃は、仲よくなった友だちに誘われてテニス部に入ることになった。テニス三昧の明るく脳天気な高校生活が、いつまでも続くように思えたが…。少年たちのあつい友情、そして明日への希望の物語。(2012年度高等学校の部)
荷抜け
岡崎ひでたか/著,新日本出版社,2007.5 
自由民権運動に遡ること半世紀。舞台は信州、塩の道・千国街道。北アルプスの美しい自然を背景に、牛方たちのたたかいを、謎解きありスリルありで描き切った、大人から子どもまで読める物語。
(2008年度高等学校の部)
カレンダーから世界を見る
中牧弘允/著,白水社,2008.7 
クリスマスを1月7日に祝ったり、春分の日を正月としたり…。この地球にはたくさんの時間があふれている! 「考暦学」を提唱する著者が、古今東西のカレンダーをとおして、世界中のさまざまな時間のくぎり方を紹介。
(2009年度高等学校の部)
インパラの朝
中村安希/著,集英社,2009.11 
ヒマラヤ山系のささやき、東南アジア~インドのカオス、東アフリカの鼓動…。47カ国、2年にわたる旅を、絶妙な距離感をともなった清新な方法で描く。 (2010年度高等学校の部)
新・どの本よもうかな? 海外編
日本子どもの本研究会/編,金の星社,2014.3 
読みたい本がすぐに見つかるブックガイド。中学生に読んでほしい海外の本を紹介し、内容をわかりやすく解説します。キーワード・テーマ、書名、作家名・画家名・訳者名から引ける、便利な索引付き。
新・どの本よもうかな? 日本編
日本子どもの本研究会/編,金の星社,2014.3 
読みたい本がすぐに見つかるブックガイド。中学生に読んでほしい日本の本を紹介し、内容をわかりやすく解説します。キーワード・テーマ、書名、作家名・画家名・訳者名から引ける、便利な索引付き。
だれでも書ける最高の読書感想文
齋藤孝/[著],角川書店,2012.6 
読書感想文はコツさえつかめば、どんな人でもスイスイ書けてしまうのである! 身近な話題の活用法から、「もしも」ではじまる発想法、NGワード、タイプ別お薦めの本までやさしく丁寧にレクチャー。
本を味方につける本
永江朗/著,河出書房新社,2012.7 
本は探さなくていい、バラバラにしていい、内容を忘れていい、歯磨きをしながら読んだっていい…。本読みのプロが、本とうまく付き合い、手なずけるコツを大公開。楽しいイラスト入り。
中高時代に読む本50
清水克衛/著,PHP研究所,2011.5 
夢、仕事、人生。本には生きていくお手本がいっぱい。中高生に読んでほしい本50冊を、本のソムリエがセレクトして紹介。生きる世界がひろがる読書のすすめ。
白いイルカの浜辺
ジル・ルイス/作,評論社,2015.7 
浜辺でけがをしたイルカの子どもを見つけ、何とか助けようとするカラ。少女のいちずな思いが、まわりの人たちを動かし始め…。海を守ることの大切さに気づき、成長していく少女の物語。
(2016年度中学校の部)
ブロード街の12日間
デボラ・ホプキンソン/著,あすなろ書房,2014.11 
様々な病気の原因がまだ明らかになっていなかった時代に、「青い恐怖」と恐れられたコレラの真実に迫る「医学探偵」ジョン・スノウ。その助手の少年イールの視点で描く友情、淡い初恋、悪党との対決…。スリル満点の物語。 (2015年度中学校の部)
語りつぐ者
パトリシア・ライリー・ギフ/作,さ・え・ら書房,2013.4 
父親の仕事の都合で、叔母にあずけられたエリザベス。気詰まりな生活の中で、エリザベスは自分そっくりの少女の肖像画にひかれていく。絵の少女は、200年以上も前のエリザベスの祖先ズィーだった…。
(2014年度中学校の部)
ホイッパーウィル川の伝説
キャシー・アッペルト/著,あすなろ書房,2016.10 
もっと速く、もっともっと速く…! なぜシルヴィは、あんなに速く走ろうとしたの? 特別な絆で結ばれた二人の姉妹と子ギツネの魂が響きあうスピリチュアル・ファンタジー。 (2017年度中学校の部)
チャーシューの月
村中李衣/作,小峰書店,2012.12 
6歳の明希が「あけぼの園」にやってきたのは、うすい雪が舞う2月のはじめだった…。児童養護施設で共同生活を送る子どもたちの姿をたしかな目と透きとおった感覚で紡ぐ。 (2013年度中学校の部)
歌え!多摩川高校合唱部
本田有明/著,河出書房新社,2012.6 
混声合唱なのに男子が4人しか残らなかった多摩川高校合唱部。そこへ“元気だけが取り柄”の新入部員が押し寄せて…。Nコン第70回大会に向けて奮闘した実話にもとづく小説。 (2013年度高等学校の部)
夏の朝
本田昌子/著,福音館書店,2014.5 
取り壊されるのを待つばかりとなった祖父が暮らした家。庭の蓮が花開くとき、時間を越え、少女はいつかの夏へと旅をする。それは、かつてそこに生きた人々の想いをたどる旅だった…。 (2015年度中学校の部)
星空ロック
那須田淳/著,あすなろ書房,2013.12 
「レオ、おまえは、おまえのロックをやれ!」 亡き友の言葉を胸に、夏休みにひとり、ベルリンにやってきたレオ。右も左もわからない街で、レオは友との約束を果たすことができるのか? 14歳ギター少年の青春ラプソディ。
(2014年度中学校の部)
地をはう風のように
高橋秀雄/作,福音館書店,2011.4 
何もかも吹き飛ばす荒々しい風。どん底の生活。そんな境遇の中でも、少年コウゾウは、生きている実感や人の温かさまでを受け止めて懸命に生きる。本物の幸せを描く、心あたたまる作品。 (2012年度中学校の部)
ABC!
市川朔久子/著,講談社,2015.1 
みさとが所属するのは、機材オタク・古場とたった2人の放送部。廃部の危機に加え、学校一厳しい先生からも目をつけられ、イマイチな毎日がつづく。さらに美少女の転校生・葉月が関わりはじめてから、状況は複雑化し…。
(2016年度中学校の部)
13歳からの作文・小論文ノート
小野田博一/著,PHPエディターズ・グループ,2010.6 
「文章は自由に書け」は間違い。読み手に伝わるように書くにはルールとテクニックがある。作文・読書感想文・小論文などの書き方の基本とともに、「超絶・優秀作文を簡単に書くコツ」を伝授。
うなぎ一億年の謎を追う
塚本勝巳/著,学研教育出版,2014.11 
うなぎがどこからやってくるか、知っている? 1億年も続いたうなぎの産卵の秘密がいま解き明かされる。さあ、いっしょにマリアナの海へ! 研究航海に出かけよう! (2015年度中学校の部)
月はぼくらの宇宙港
佐伯和人/作,新日本出版社,2016.10 
人類が太陽系へ進出する宇宙港として、注目が高まる月。月探査計画SLIMなど、複数の将来月探査プロジェクトの立案に参加している理学博士が、最新の月科学、人類と月の新しい関わり方を紹介する。ミニ実験コーナーも収録。 (2017年度中学校の部)
ホタルの光は、なぞだらけ
大場裕一/著,くもん出版,2013.7 
ホタルをはじめとする発光生物。その光るしくみや光の役割、どうして光るように進化したのかなど、わかっていないことがたくさんある。発光生物のなぞや疑問を解こうとする研究を紹介しながら、科学のおもしろさを伝える。 (2014年度中学校の部)
地球の声に耳をすませて
大木聖子/著,くもん出版,2011.12 
大地の声に耳をかたむける地震学者が、地震の正体から、地震と津波の発生原因、巨大地震によって引きおこされる現象、命を守るために人々ができることまでを解説する。 (2012年度中学校の部)
ぼくが宇宙人をさがす理由
鳴沢真也/著,旬報社,2012.8 
宇宙少年だったぼく。ひきこもりや数かずのつまずきがあったぼくが、世界15カ国の科学者たちのリーダーになって、“宇宙人さがし”の大作戦にとりくむ-。SETI(地球外知的生命探査)をおこなう著者のメッセージ。
(2013年度中学校の部)
生きる
森越智子/作,童心社,2015.7 
1944年9月、日本軍により中国から連れ去られた劉連仁は、苛酷な炭鉱労働から逃亡し、北海道の山中でひとり、13年間生き抜いた。奪われた、人としての尊厳をとり戻すための孤独な闘いの物語。
(2016年度中学校の部)
読むことは生きること
紺野順子/著,ポプラ社,2000.5 
感想文を書くということは、一冊の本と真剣に向き合うことで、自己を見つめ、新しい自己を発見するというきわめて緊張感をともなう営みである。一冊の本と本気で向き合い、感想文を書くための姿勢と方法を紹介する。
円周率の謎を追う
鳴海風/作,くもん出版,2016.11 
すぐれた業績を残し、日本の数学を世界のレベルまで引き上げた数学者・関孝和。円に魅せられ、その謎を解こうとした江戸の天才数学者の生涯を、周囲の人々とのつながりの中で描く。
(2017年度中学校の部)
一〇五度
佐藤まどか/著,あすなろ書房,2017.10 
都内の中高一貫校に編入した、中学3年生の真は椅子オタク。超中学生級モデラーの梨々とタッグを組み、プロダクトデザインの登竜門「全国学生チェアデザインコンペ」に挑む…! 椅子デザイナーを目指す少年の、熱い夏の物語。(2018年中学校の部)
太陽と月の大地
コンチャ・ロペス=ナルバエス/著,福音館書店,2017.4 
16世紀グラナダ。モリスコ(キリスト教に改宗したイスラム教徒)の農夫の息子エルナンドと、キリスト教徒の伯爵の娘マリアの悲恋を軸に、宗教や民族の違いによってひきさかれ、運命に翻弄される人々をえがく。
(2018年中学校の部)
千年の田んぼ
石井里津子/著,旬報社,2017.12 
秘境の離島に日本最古の田んぼ? いったい誰が? なんのために? 日本海の荒波の向こうに浮かぶ島、山口県萩市見島に刻まれた“奇跡の風景”の謎を解く。(2018年中学校の部)
わたしがいどんだ戦い1939年
キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリー/作,評論社,2017.8 
1939年。2度目の世界大戦さなかのロンドン。足の悪いエイダは、けんめいに歩く練習をしていた。歩けさえすれば、弟といっしょに疎開できる! 自分らしく生きるために戦う少女と、彼女をあたたかく包む村の人たちを描く。
(2018年高等学校の部)
車いす犬ラッキー
小林照幸/著,毎日新聞出版,2017.4 
交通事故のため自力歩行ができなくなった捨て犬のラッキー。介護が必要な彼を支えているつもりが、支えられていたのは自分だった-。「ユイ(結い)」の伝統が息づく徳之島での、犬と人のドラマを通じて、命の意味を問う。
(2018年度高等学校の部)
いのちは贈りもの
フランシーヌ・クリストフ/著,岩崎書店,2017.7 
6歳から12歳まで、ナチスドイツによるユダヤ人迫害(ホロコースト)を経験した著者による手記。平和な生活を奪われ、苛酷な状況に追い込まれていく様子を、子どもならではのまっすぐな視点と透明感のあることばで語る。
(2018年度高等学校の部)
怪物はささやく
シヴォーン・ダウド/原案,あすなろ書房,2011.11 
ある夜、怪物が少年とその母親の住む家に現れた。それはイチイの木の姿をしていた。怪物が3つの物語を語り終えたら、少年が4つめの物語を話さなくてはならないという…。噓と真実、そして喪失と浄化の物語。
(2012年度中学校の部)
おすすめリストに戻る

Copyright (c) 2014. allobu Library, All Rights Reserved.