お知らせ 図書館からのお知らせ  

イベント   第16回ふるさと講座「満蒙開拓団の悲劇~戦争の記憶を辿る~」受付終了しました! 戻る

―国の使命を受けて中国大陸に渡った人々がいた。
           戦禍の大陸で開拓団は何をみたのか?―

 日時  平成30年8月5日(日)14時~16時(13時半開場)

 場所  おおぶ文化交流の杜アローブ 2階会議室

 料金  無料(要事前申込)
 
 定員  100名 ※小学生以上対象

      受付終了しました!お申し込みありがとうございました!
 
 講師  寺沢 秀文 氏(満蒙開拓平和記念館 館長)

 その他 「満蒙開拓団の悲劇を語る会」の方による朗読あり

<満蒙開拓団とは?>
 戦時中に日本で国策として進められていた満蒙開拓団政策により、
 旧「満州国」と内モンゴル地区に送り込まれた約27万人の人々のことを指す。
 過酷な環境の中で開拓に取り組んでいたが、戦況の悪化によりソ連が
 大陸に侵攻、開拓団は孤立してしまった。その後、開拓団は逃避行を強いられ、
 その過程で数万人が疫病や戦闘、集団自決などにより命を落とした。 

満蒙開拓団を知ることをきっかけに、戦争や平和について考えることを目的とした講座です。
平和学習として、学生の方々も是非ご参加下さい。

【関連資料】

チラシはこちら
 

Copyright (c) 2014. allobu Library, All Rights Reserved.